ちゃびりぼんのゲームコラム

ゲームのコラムをやっております。

コラム・携帯ゲーム機

今回は、7月13日に発売を控えているnewニンテンドー2DSについて語りたいと思います。
僕はこの情報を初めて知った時「…は?この前new3DS買っちゃったじゃん!」とびっくりしました。
しかも、ただの2DSのような折りたためないヤツではなく、折りたたみ仕様で発売とは…。
値段はどうなの?と思ったら税別14980円。想像してたよりも安い…。なんとまぁ。
仕様を詳しく見てみます。これ、結構細かな点なのですが。僕が今まで持っているnew3DSはLLじゃないんです。普通の大きさのnew3DS
これの不便に思ってる点があって。microSDカードの設置位置が何故か本体の裏面をネジ外して開けて、電池を取って取り付ける、というめちゃくちゃ面倒くさい作業が必要なんです。
それが今回のnew2DSは普通に側面にカチャッと取り付けられるんです。楽!ていうか以前までの設計がおかしかったとしか思えないんですが。
そして、newだから当然ZL/ZRボタンとCスティックが付いてるしamiibo対応だし。なんと言ってもnew3DS専用ソフトもプレイできるということらしいです。文句なしです。
欲しい!それと、画像をよく見て気付いたのですが。L/Rボタンの辺り、微妙にカーブを描いているんです。これ。絶対操作性が向上してますよ!
今までの本体はカクッとなってるので、ちょっと痛い時があったんです。このカーブ。絶対計算されてる。感動しました。たぶん買うと思います。
重さもかなり軽量化されてるそうです。
NintendoSwitchが携帯機兼用据え置き機という感じなので、もう3DSシリーズは消えていくのかな?と思っていたのですが、ここにきてこの本体を出すということは向こう2年は安定ですね。
というか、そろそろnew本体専用ソフトをどんどん出すべきだと僕は思っているのですが。
あと、バーチャルコンソールにもっと力入れないのかな?もったいないなと思ってます。
あと、一つ残念だなぁと思ったのはmicroSDカードだということ。僕は最近はもうダウンロード購入しかしてないんです。
だからmicroSDカードだと最大32GBまでなんです。これじゃちょっと不安。いっぱいになりそうじゃないですか?microSDXC対応になぜしなかったのか。うーん。ちょっとそこだけ不満があります。
任天堂はダウンロードソフトを推進しているんですよ。「カードの入れ替えが必要ないから便利ですよ。」と言って薦めてるんです。
それなのに、32GBまでって。なんか言ってることとやってることが矛盾している気がする。ちょっと残念な点です。
それにしても3DSシリーズ、初代が出たのが2011/2/26。6年以上も続いてるとは。DSソフトも対応してるからそう考えると、2004/11/21にDS発売ですよ?13年くらい時代を乗り越えてきてるんですね。驚異的です。
そんな本体そうそうないですよね。僕は比較的、任天堂のゲームは好きなので頑張って欲しいです。
ただ、この携帯ゲーム市場が盛り上がってるのって、実は日本だけらしいですね。世界的に見たら、断然据え置き機だそうです。
うーん。携帯機の良さがどうして伝わらないのですかね?すれちがい通信とか結構楽しいですけれど。
でも、モンスターハンターは海外でもミリオンヒットしたそうです。これをきっかけにポケモン・モンハンで引っ張っていってほしいです。
そういえば、海外のゲームの祭典E3では携帯機のプレゼンテーションってほとんどやってる記憶がないです。浸透してないんでしょうね。
SonyPSvitaもかなり売り上げ落ちぎみですし。あの感じだとSonyは携帯機から撤退するんじゃないでしょうか?そんな気もしてます。
現にPSvitaとvitaTVでもできたPSnowというPS3のゲームをストリーミングプレイできるサービス、終了するそうです。PS4一本でいくそうです。
あの様子だとやはり携帯機撤退の感じがプンプンします。僕はPSvitaも持っていた事があるんです。
ですが、やはりソフトが「コレ欲しい!」っていうものがなかなか無くて。「うーん。売るか!」となりました。
なんかボーイズラブ系のゲームがやたら多くないですか?美男子系というか。
ちょっと苦手なんですよね。否定はしませんが、苦手です。

今後の携帯ゲーム機市場がどうなるのか。楽しみです。

 

ちゃびりぼん

広告を非表示にする